健康食品情報

アルカリイオン水


イオン整水器は、整流の電気を水に与えてアルカリ性の水と酸性の水に電気分解する装置です。

水だけでは、ほとんどイオン化しないため、乳酸カルシウムなどを加えた後に電気分解をします。
陰性側にアルカリイオン水ができますが、これは添加したカルシウムがイオン化して、pH9~11程度の希水酸化カルシウム水溶液です。

イオン整水器は、医療用物質生成器として、薬事法による承認を受けています。

効能・効果はアルカリ水による、慢性下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸、胃酸過多の改善ということでありますが、国民生活センターのテスト結果によると、胃液に等しいpHの塩酸20mlをpH3.5にするために、1L以上のアルカリイオン水を必要としたそうです。そのため、市販の制酸剤と同じ程度の制酸効果を得るためには20Lが必要だそうです。


しかし、大量に飲む多飲自体が危険の上に、アルカリイオン水を多飲すると、胃酸を薄め消化を妨げ、さらに胃液の殺菌効果を落とします。腎臓にも負担になります。


私の胃切除術を受けた患者さんが、健康によいとアルカリイオン水を飲んで、嘔吐下痢で大変だったことがあります。
胃を切除して胃酸がでないところに、さらにアルカリ性の液が入ってからだが壊れてしまったのでしょう。